簡単で気軽に始められる置き換えダイエット、しかしデメリットも・・・

置き換えダイエットとは



スポンサーリンク




3食の食事のうちの1食を低カロリーな食品やダイエット用の食品と置き換えるだけの手軽なダイエット法のことです。

置き換えに使われる食品で代表的なものとして、リンゴやゆで卵、フルーツやヨーグルト、豆腐がよく使われています。


しかし、置き換えダイエットだとはいえ同じ食材ばかりだと、栄養に偏りが出て体調を崩しやすくなったり、そもそも毎日同じものだと飽きてしまい続きませんよね。


置き換えダイエットは、毎日同じ食材を置き換える必要はなく、低カロリーで栄養素
を多く含んだ食材を日替わりで使うということもできるので、うまく工夫して長く続けるようにしましょう。

最近は、栄養のバランスよく手頃な値段のダイエット食品が多く売られているので、そういうものも活用していくと、メニューもバラエティーに富んで、その日によって臨機応変に変えられるので、ダイエットによるストレスも軽減されるでしょう。

lose-weight-1911605_640.png

置き換えダイエットのデメリット




置き換えダイエットは手軽で簡単なダイエットですがデメリットもあります。


リバウンドのリスクが高い




置き換えダイエットでがんばって目標体重まで痩せたのでダイエットも終了だね!

今日から普通の食事ができる、うれしー、ダイエット頑張ったからちょっと多めに食べてもいいよね。

なんて思っているあなた、その考え、超危険です。


置き換えダイエットで体重が落ちた体は、少ないカロリーに慣れてしまっているので、通常の状態よりも栄養を吸収しやすくなっていて、カロリーを体内に溜め込みやすくなっています。

その状態で、通常の食事に戻してしまうと、簡単にリバウンドしてしまい今までの苦労が台無しになってしまいます。

では、そのリバウンドを防ぐ為にはどうしたら良いのか?


食事を置き換えただけのダイエットで成功したあとは軽い運動が必要です。

カロリーを溜め込みやすくなっている状態のときに、運動してカロリーを消費するというわけです。

これをするだけでリバウンドは防げます。



置き換えてない食事がカロリーオーバー




ダイエットをしていると自分が我慢していると強く思いすぎてしまって、置き換えていない食事は、多少多く食べても大丈夫なんて思い込み、ついつい摂取カロリーが多くなってしまう傾向があると言われています。

ストレスをためないようにするために、たまになら良いですが、癖にならないように気をつけましょう。




筋肉量が減って代謝が落ちる





ダイエット中は、体に入ってくるエネルギーが少なくなるので、その少ないエネルギーで体を保とうという働きが体の中で起こります。

その状態になると、脂肪よりもエネルギーに変わりやすい筋肉が先に使われるので筋肉の量が減ってしまい、脂肪を燃焼させる力が弱まり代謝が落ちてしまいます。


そうならないためにも、置き換えダイエットをしている時は、筋トレも並行して行って筋肉を落とさないようにしましょう。


置き換えダイエットに適したダイエットクッキー




置き換えダイエットは食事を置き換えるものですが、その置き換えに適している適している食品におからクッキーがあります。

置き換えダイエットの問題点の一つに空腹感がありますが、このおからクッキーは水分と一緒に摂ると、胃の中で膨張して、数枚食べるだけで十分な満腹感を得ることができます。

しかもおからは低カロリーなので、ダイエットには最適な食品と言えるのではないでしょうか。

おからクッキーの効果や食べ方はこちら

おからクッキーでダイエット その方法と効果


最後に




置き換えダイエットとそのデメリットについて書いてきましたが、デメリットはあるものの、それをきっちり対処して継続していけば、置き換えダイエットは有効なダイエット方法なので、正しいやり方でダイエットを成功させましょう。





この記事へのコメント

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能トレンド情報へ
にほんブログ村